just-have-a-great-day-merry-christmas-picjumbo-com

「人を表現する言葉」を考える(その9)『想像力』と『創造力』

「人を表現する言葉」を考える(その9) 『想像力』と『創造力』 目指す方向性は決まっていて、あとはそこにどれぐらいの早さで到達すればよいかという競争だった日本の高度経済成長時代は既に遥かに遠く、現代では「そもそもどこへ向かうべきか」で皆悩んでいます。どんな事業をやるべきか、どんな商品を作るべきか。そういう時に必要とされる能力で、最もポピュラーなものが、今回の「想像力」と「創造力」の2つの能力です...
ortler-1449018_1280 のコピー

「人を表現する言葉」を考える(その8)『ストレス耐性』

「人を表現する言葉」を考える(その8) 『ストレス耐性』 近年、働く人々のメンタルヘルスが問題になってきたことにより、採用場面においても、その人がどれだけストレスに対して強いのかという「ストレス耐性」の観点を採用基準に入れている会社が増加しています。そもそも、「ストレスの少ない職場を作る」のではなく、「ストレスに強い人を入れる」ことにより、組織の問題を解決しようとすることがよいのかどうか疑問では...
d211a1d352793e41d6e41155784dbe32_m 2

「人を表現する言葉」を考える(その7)『コミュニケーション能力』

「人を表現する言葉」を考える(その7) 『コミュニケーション能力』 経団連の調査などでも何年にも渡って「コミュニケーション能力」を企業が採用において最重要視しているとのことです。ところが「コミュニケーション能力」という言葉ほど空虚な言葉はない、というぐらい、この言葉は各企業、各発言者においてバラバラな意味で使用されています。元々は言語学の用語のようで、ただ文法的に正しい言葉遣いができるだけでなく...
dog-1212400_1920

「人を表現する言葉」を考える(その6)『意欲』

「人を表現する言葉」を考える(その6) 『意欲』   既に何年も前から、「モチベーション」(動機付け)という言葉は、「意欲」「やる気」というような意味で人口に膾炙(かいしゃ)しています。細かい話をすると「動機付け」=「意欲」ではなく、「動機付け」により「意欲」が生まれる「原因→結果」の関係ですが、世間的にはほぼ同義で使われていますので、ここでもそうしておきます。ビジネスパーソンか...
picjumbo.com_HNCK5989

「人を表現する言葉」を考える(その5)『好奇心』

「人を表現する言葉」を考える(その5) 『好奇心』 言うまでもありませんが、昨今、世の中はその創造性によって企業間の勝負が決まるようにどんどんなってきており、そのためか、知的な「好奇心」があることを求める人物要件として掲げている会社も大変多くなっています。基本的に、「社会的望ましさ」の高い言葉と考えてよいと思われます。「好奇心」とは、「奇なるものを好む心」ですから、「珍しいことや未知のことなどに...
picjumbo.com_HNCK8991

「人を表現する言葉」を考える(その4)『頭の良さ』

「人を表現する言葉」を考える(その4) 『頭の良さ』 採用基準として「頭の良さ」を、ストレートに公に掲げている会社はあまりありませんが、選考の際に、適性検査などでは数学や国語などの能力試験でスクリーニングをかける会社が多いことから、多くの会社で「頭の良さ」を基準にしていることは自明です。 ところが、数学や国語などはわかりやすいのですが、よく使われている「地頭(じあたま)」のよい人を採れなど...
picjumbo.com_P1000733

「人を表現する言葉」を考える(その3)『自信』

「人を表現する言葉」を考える(その3) 『自信』 「自信」と言う言葉は、採用面接においては良く使われる言葉ではありますが、人によって様々な使われ方をする要注意ワードです。謙虚さを美徳とする文化を持つ日本の社会においては比較的「社会的望ましさ」の低い言葉のようであり、例えば「彼は自信家だ」と言う場合、なんとなく「鼻持ちならない不遜な人物」であるような悪い印象を持ちませんか。   ...
top1

「人を表現する言葉」を考える(その2)『主体性』

「人を表現する言葉」を考える(その2)『主体性』 デジタル大辞泉によれば、「主体性」とは「自分の意志・判断で行動しようとする態度」と定義されています。この「主体性」あるいは、「自分から」という語感を含む似た言葉として「自発性」「自走」「自律」などは、採用や評価のシーンでは大変よく使われる言葉です。これらの言葉は先の定義のようにあまり議論の余地のない言葉のようにも思えますが、しかしながら、私の限ら...
TOP

「人を表現する言葉」を考える(その1)『自責と他責』

本コラムを担当します人材研究所代表の曽和と申します。 人事担当者の皆様は、採用であれ、育成であれ、評価であれ、常に「人を表現する言葉」を使って仕事を遂行しています。しかし、それらの言葉の多くは多義的で曖昧なまま使われています。議論のベースとなる言葉が曖昧では、そこから生み出される結論や施策は誤ったものになりかねません。そこで、このコラムでは、「人を表現する言葉」について、いろいろ考えてみたい...