top3 (2)

採用スケジュール変更の最大の罪悪。学生に“嘘”をつかせるという悲しい経験をさせたこと

【採用のオモローな未来を創造する!】 <第2回>採用スケジュール変更の最大の罪悪。学生に“嘘”をつかせるという悲しい経験をさせたこと ≪働きごこち研究所代表 ワークスタイルクリエイター 藤野貴教氏連載≫   採用スケジュール問題の「本質」は何か? 2017年卒の採用は、選考スタートを8月から6月に前倒しすると経団連が表明しました(2015年11月9日)。迷走している就活・採...
写真 2015-10-27 13 36 14_Fotor のコピー

【覆面座談会】後ろ倒しはどうだったのか? 〜2016年卒学生が語る真実〜②

【座談会参加者】 2016年卒学生:Aさん(企画発案者)、Bさん、Cさん 2017年卒学生:Dさん、Eさん、Fさん 企業採用担当者:Gさん、Hさん、Iさん 学生向けサービス提供者:Jさん(モデレーター)、Kさん、Lさん 大手新聞社 記者:Mさん     “働く”ということを本気で考える ■学生向けサービス提供者 Jさん(モデレーター): ...
写真 2015-10-27 13 33 04_Fotor

【覆面座談会】後ろ倒しはどうだったのか? 〜2016年卒学生が語る真実〜③

【座談会参加者】 2016年卒学生:Aさん(企画発案者)、Bさん、Cさん 2017年卒学生:Dさん、Eさん、Fさん 企業採用担当者:Gさん、Hさん、Iさん 学生向けサービス提供者:Jさん(モデレーター)、Kさん、Lさん 大手新聞社 記者:Mさん 増える就活サービス。就活は多様化へ。 ■2016年卒学生 Aさん: ここまでのお話で、企業が大学に“キャリア教育”という形で入...
top14

なぜ採用が難しくなったのか。大きな変化の潮流

≪働きごこち研究所代表 ワークスタイルクリエイター 藤野貴教氏連載≫ 採用活動は今、20年に1度の大きな変化の潮目を迎えています。外部環境が変化するのであれば、私たちの採用戦略も変化させていかなければいけません。ではどの方向に変化すればいいのか、「それはオモローな方向」なのです。何を言っているんだ?という方、ぜひこの連載をご一読ください。みなさんと一緒に、採用の未来を想像する旅に出たいと思い...
campus top

【就活生から見た採用】優秀な学生は「どこで」「どうやって」就職先を決めているのか?

売り手市場の昨今。多くの企業が「良い人材」「優秀な学生」の確保に苦戦しています。それは一体何故なのか。 今回は、学生目線で採用側の願望と採用活動の矛盾について記事を書いていただきました。書き手は、旧帝大に通う4年生の女子学生。学業の傍ら、ウェブライター、マーケティングアドバイザーとしても活躍中です。自身の就活、周囲の就活経験から気付いたこと、企業の人事・経営者と接して感じたことなどから、日本...
top8

【インタビュー】リクルートの新卒採用は、究極のダイレクトリクルーティングだった

誰もが知る、人材輩出企業「リクルート」。ご存知の通りリクルート出身の有名起業家は多数。起業組以外にも、様々な業界で目覚ましい活躍をしているOB・OGが多くいる。社内の環境がそういった人材を育む土壌になっていることは間違いないが、採用の時点から他社と一線を画す、リクルートならではの方法が存在した。 元リクルート人事部GMとして培ったノウハウ・2万人の面接データベース・心理学とを融合しワンランク...