新卒ダイリク総研 Chapter2

ダイレクトリクルーティングの導入・活用

2015/10/21

時期に惑わされた2016年卒採用、本当の課題はどこ?

“採用スケジュール後ろ倒し問題”がとにかく話題に上った2016年卒採用。スケジュールの関係もあり、「内定式を過ぎても採用予定人数に届いていない」という企業が多かった年になりました。「学生の動きを読むのが難しかった」という声もよく聞かれました。スケジュールの変更の影響が大きかったため、2016年卒の補てん採用を行いながら、2017年卒採用もスタートしているところも多くあります。 今回は、“20...

2015/09/07

ダイレクトリクルーティングを導入する5つの理由

新卒採用は中途採用に比べて時間も手間もかかります。計画段階でかなり綿密に、前年の実績などをもとにプランを立て、予算を申請し年間スケジュールを作成。新卒採用に新たなサービスを導入するのは簡単な決断ではありません。オープンエントリーで採用を行ってきた場合『ダイレクトリクルーティング』を導入するには大きなハードルを越える必要があります。しかし、導入企業は増加傾向。導入する“理由”がそこにはあるのです。

2015/09/07

ダイレクトリクルーティングで解決できる課題

新卒採用でダイレクトリクルーティングを導入している企業や検討している企業がどのような課題意識を持っているのか、また実際にダイレクトリクルーティングがどのような問題解決に役立つのかについてご紹介したいと思います。独自調査の結果、ダイレクトリクルーティングを導入している企業の目的は1位「母集団の形成」、2位「採用活動の効率化」、3位「入社後のミスマッチ軽減」、3位「入社後のミスマッチ軽減」…

新卒ダイリク総研 Chapter3

ダイレクトリクルーティング最前線

2015/12/29

【事例】株式会社ウィル「成長期の採用を支える“ダイリク”」前編

株式会社ウィルは、2015年卒の採用から完全に就職ナビをやめ、現在ダイレクトリクルーティングだけで採用を行っており、現在三期目だ。しかも内定者は、京都大学、大阪大学などの旧帝大、国公立大を中心に上位校の学生が占める。上場企業とはいえ、日本全国誰もが知っているような大手企業ではない同社が、大手企業もうらやむ優秀人材を獲得している。その理由に迫った。

2015/12/29

【事例】株式会社ウィル「成長期の採用を支える“ダイリク”」後編

就職ナビをやめ、ダイレクトリクルーティングだけで採用活動を行う、株式会社ウィル。退路を断って臨んだ採用戦略は着実に実を結ぼうとしている。「成長期の採用を支える“ダイリク”」後編。

2015/10/06

ダイレクトリクルーティング、いつから始めるべき?

就職ナビのオープン日は決まっており、ナビサイトに掲載するほとんどの企業がオープン時に利用をスタートします。一方ダイレクトリクルーティングは、「いつから」という明確なタイミングがありません。では、いつから始めるのが、良い学生に会えるタイミングなのでしょうか。「会う」ためには、企業からのアプローチを学生が「承認」することが必要になります。ダイレクトリクルーティングサービス『OfferBox』利用学生と利用企業の2016年の動きを振り返り、学生の承認率等の数値から「いつ動けば効率的に会いたい学生に会えるのか」を検証していきたいと思います。

新卒ダイリク総研 Chapter4

ダイリクOpinion

2016/08/03

「人を表現する言葉」を考える

「人を表現する言葉」を考える(その9)『想像力』と『創造力』

「人を表現する言葉」を考える(その9) 『想像力』と『創造力』 目指す方向性は決まっていて、あとはそこにどれぐらいの早さで到達すればよいかという競争だった日本の高度経済成長時代は既に遥かに遠く、現代では「そもそもどこへ向かうべきか」で皆悩んでいます。どんな事業をやるべきか、どんな商品を作るべきか。そういう時に必要とされる能力で、最もポピュラーなものが、今回の「想像力」と「創造力」の2つの能力です...

2016/07/05

「人を表現する言葉」を考える

「人を表現する言葉」を考える(その8)『ストレス耐性』

「人を表現する言葉」を考える(その8) 『ストレス耐性』 近年、働く人々のメンタルヘルスが問題になってきたことにより、採用場面においても、その人がどれだけストレスに対して強いのかという「ストレス耐性」の観点を採用基準に入れている会社が増加しています。そもそも、「ストレスの少ない職場を作る」のではなく、「ストレスに強い人を入れる」ことにより、組織の問題を解決しようとすることがよいのかどうか疑問では...

2016/06/09

曽和利光氏 連載【「人を表現する言葉」を考える】

「人を表現する言葉」を考える(その7)『コミュニケーション能力』

経団連の調査などでも何年にも渡って「コミュニケーション能力」を企業が採用において最重要視しているとのことです。ところが「コミュニケーション能力」という言葉ほど空虚な言葉はない、というぐらい、この言葉は各企業、各発言者においてバラバラな意味で使用されています。

新卒ダイリク総研 Chapter5

アンケート・データ

2015/10/13

2017年卒の学生はいつから動き始める?[ 就活意識調査レポート(9月調査) ]

前回の記事「ダイレクトリクルーティング、いつから始めるべき?」では、学生の反応が良い時期をご紹介しました。では実際には、どんな志向の学生がどのような時期から動き始めるのでしょうか。2017年3月に卒業予定の大学生、大学院生を対象に“就職活動”に関する意識調査を行いました。   約半数が3年秋までに、約9割が3月の採用広報解禁までにスタート 就職活動を本格的に開始する時期(単一回...

2015/10/05

【調査レポート】新卒ダイレクトリクルーティング利用実態 2015

~新卒採用におけるダイレクトリクルーティングの現状データ~ 新卒ダイリク総研では、新卒採用に関する独自アンケート調査を実施いたしました。 【調査方法】 WEBアンケート(SNS,人事メディア,ホームページ・自社メルマガを通じてのご案内) 【調査日時】 2015年6月~9月 【調査対象】 企業の採用担当者様 有効回答数:146社 【調査目的】 新卒採用領域におけるダイレクトリクルーティ...

2015/09/04

新卒ダイレクトリクルーティング利用実態調査実施について

株式会社i-plug(大阪市淀川区、代表 中野智哉)は、ナビサイトなどを活用したエントリー型の新卒採用活動の課題に対する解決手法の1つとして「ダイレクトリクルーティング」の利用実態・効果・将来性を研究するために、「新卒ダイリク総研」を立ち上げました。 ダイレクトリクルーティングへの認知・利用状況、採用への課題意識とニーズを把握し、「新卒ダイリクの普及」を通して企業の採用活動にさらなる成果を提...

おすすめ資料

【市場レポート】2017年新卒採用を考えるためのレポート集 

これまでにリリースした市場レポートの中から、17卒の計画を考える参考材料となるものをまとめました。2015年9月実施の学生向けアンケート結果も掲載。採用手法の見直し、予算組などのシーンでご活用いただけます。

<内容>   1.市場動向(企業)  2.市場動向(学生)  3.新卒採用のメリット  4.新卒採用手法の変化  5.インターンシップ  6.採用予算